忍者ブログ
HN:
印鑑デザイナー
HP:
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
テニス
自己紹介:
大阪の老舗(?)文具屋三代目
「何か新鮮な物はないか?」と考える日々です(笑)
2007/03/17 おもしろMY印鑑ブログとしてスタート
341  340  339  338  337  336  335  334  333  332  331 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6/4正式受注分までのデザイン作業に・・・
ほぼ以前のペースに戻りましたが、なかなか仕事に乗り切れない
肩こりはひどい、眠い、蒸し暑い・・・等々
どうも気力が続かないのですよ
こんな時は無理せず、早めに仕事を切り上げるか、違うことをして気分転換を図る
例えば、新商品の下ごしらえとか・・・って仕事じゃん(苦笑)

続々続く「ワン書体印鑑」の印鑑登録成功例
先日もお客様から登録成功のお知らせを頂きました
しかも、後日そのお客様なりの「登録成功への道」を教えて頂きましたので、ご紹介させていただきますね

詳細をお知らせしますと、2008年6月3日に、区役所ではなく、住民票の発行や印鑑登録などの限られた処理のみを行う、「区民事務所」にて行いました。

コツという訳ではありませんが、運良く手続き担当の方が、私と同世代の若い女性で、アーティスティックなデザインをむしろ「かっこいい」と思うような感性だったようで、明らかに「前例のなさそうな書体」に口やかましくチェックを入れるような役所感覚ではなかったというのもあると思います。

書類に押印するために印鑑を預かったその女性から聞かれたのは、どちらが上になりますか?」(文字の上下が判断できなかったようです)だけでしたし、あとは「素敵ですね~」と言われただけでした。

あと、お昼時で事務担当者が減る時間帯や、混雑している日時や時間帯などを狙うと、相手も人間ですので、普段なら一言言うところをスルーというのも、ありな気がします。
*以前、別件ですが、空いている時間帯に行ってツッコミを入れられたので、「出直します」と、その場は引き下がり、その足で、そのままの申請書類を昼食の時間帯を狙って、別の区民事務所に持参したら、なにも言われず受理されたということがありました
PR
COMMENT
NAME
URL
MAIL
TITLE
COMMENT
PASS
TRA
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/04 tome]
[03/26 シロヤマ]
[03/25 さなん]
[03/13 snafkin]
[03/11 与恕亥]
プロフィール
HN:
印鑑デザイナー
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
テニス
自己紹介:
大阪の老舗(?)文具屋三代目
「何か新鮮な物はないか?」と考える日々です(笑)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"印鑑デザイナー" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.